在宅医療とは果たしてどういったものなのか

在宅医療に関しては、病院に入院せず、自分の家にいながらでも受けられる医療のことを言います。
この在宅医療は、体の具合により自分の家で医療を受けたい場合や、病院へ行くのが難しい場合に行われることが一般的です。
ただし、病院以外で行われる医療行為すべてが在宅医療に該当するので、老人ホームでの医療も在宅医療になります。
そして、在宅医療には排せつ補助療法や栄養補助療法など、いつか種類があります。
まずは、栄養補助療法ですが、簡単に言うと点滴注射のことで、パックに入った薬剤を、点滴を通して体に取り入れていくやり方です。
栄養補助療法については、長い時間薬剤を投与できるので、薬がバランスよく効果を発揮してくれるでしょう。
また、排せつ補助療法に関しては、尿道にカテーテルを入れて導尿する、在宅自己導尿療法や持続導尿のことで、他にも人工肛門も排せつ補助療法に入ります。
排せつに関わる療法になるので、看護師やドクター以外には、ドクターからやり方をきちんと教えてもらった患者の家族だけが、この療法を行うことが許されています。