高額な治療費は申請すると返還される

世帯で合算して支払った医療費が10万円を超える場合には、確定申告で所得税が還付されるのは有名です。
しかし、入院や手術および治療に多額のお金がかかった場合に、保険者からお金が返ってくる制度もあります。
70歳以上の被保険者の場合は、原則として手続きをしなくても病院窓口での支払いが自動的に基準額以下となるので、自動的に自己負担限度額を超えることはありません。
70歳未満の方は覚えておくと便利です。
申請の仕方は2つあり、1つは医療機関の窓口で3割負担の治療費を支払い、自己負担限度額を超えた場合に後から支給申請をすると2~3ヶ月後に保険者から返還される方法です。
以前は先払いをして後から返す方法が一般的でした。
しかし、近年では負担を軽くするために、事前に保険者に申請をして認定証を受けてから医療機関に提示をし、負担限度額分の支払いができる所が多くなってきています。
重い病気や難病などに罹患している場合は、治療費がかかるので、医療機関から認定証を受けるようにアドバイスを受けることもあります。
保険証に書かれている保険者に問い合わせをしましょう。
国民健康保険を利用している場合は、地域によって申請の仕方が違いますので自治体の国民健康保険担当窓口に相談することを勧めます。